script> (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a ,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-65520817-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');

臨床研究について

医学の発展を目的とする研究のうち、人を対象とする研究のことを「臨床研究」といいます。
近年の科学技術の発展や医学、薬学の進歩に伴い臨床研究の重要性がより高まっています。
また、医師主導の治験や臨床研究の必要性も高まってきているのです。

臨床研究の分類

臨床研究は、大別すると観察研究と介入研究に分けることができます。
観察研究とは、人の血液検体などの検査データや細胞の遺伝子情報を用いて医療の改善に繋がる新たな医学知識を発見するための研究です。介入研究は臨床試験ともよばれ、対象集団を2つ以上のグループに分けて患者さんと直接関わり合いを持ちながら新しい治療法や投薬などを試して、その有効性を研究します。

医師主導の治験や臨床研究の必要性

薬剤に効果が期待される場合であっても、まだまだ承認されていない薬は多くあります。
特に抗がん剤・小児薬、・希少疾患などの薬剤開発は、メーカーだけでは着手しにくい部分があります。これは臨床試験の実施において大変な時間と労力がかかる上、開発費に見合った収益を得るのが難しいからだといえます。

しかし、それによって医薬品や医療機器の国内開発が出遅れてしまう可能性もあるため、収益を考慮しない医師主導の治験で薬剤開発を進める必要があるのです。
努力規定だった研修医の臨床研修が義務化されるようになったことから、臨床研究の活性化がより期待されるでしょう。良い薬をいち早く患者さんのもとで使えるようにするためには、臨床研究はとても重要なのです。

当社は大阪に本社を構え、医薬品臨床試験支援業務を行っています。
臨床試験や臨床研究において信頼の実績を重ね、病院をはじめとする多くの医療機関の皆様とともに歩んできました。臨床試験・臨床研究支援業務、データマネジメント業務など医薬品を通じた様々な業務を行っております。医薬品臨床試験に関するご相談は、大阪天王寺区の当社までお気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) ibec All Rights Reserved.