臨床研究を行う際の個人情報の管理について

企業治験・医師主導治験・臨床研究を行う際は、インフォームド・コンセントを行うと同時に、患者さんから預かる個人情報の保管を徹底する必要があります。こちらでは、治験や臨床研究を行う際の個人情報の管理についてご紹介します。患者さんの個人情報をたくさん預かる病院などの医療の現場では、改めて個人情報を徹底することを意識することが重要です。

個人情報の基礎知識

名前・生年月日・住所・電話番号は、個人を特定するための個人情報であるということは多くの方がご存知かと思います。この他にも、個人を識別することができるDNAを含んだ血液に関するデータも個人情報と言えます。名前や生年月日が同じ人物が存在することはよくありますが、血液は一人一人異なるため、とても重要な個人情報となるのです。

個人情報流出を防ぐ方法

個人情報が流出してしまう事件が目立つ近年では、より徹底的に個人情報を防ぐ方法を取り入れる必要があります。個人情報が流出してしまうと、患者さんに大きな迷惑がかかることはもちろん、データを保管している側の信頼も薄れてしまうでしょう。患者さんの大切な個人情報の流出を防ぐためには、簡単に個人を識別することができないように匿名化する方法・数字や符号を使って暗号化する方法があります。

このように個人情報をきちんと管理することによって、臨床研究で取り扱ったデータもきちんと保管することができます。

大阪府大阪市にある当社では、医薬品臨床試験支援業務に加えてデータの登録業務や入力システムの構築・入力業務・統計解析業務などのデータマネジメント業務も行っています。大阪府で臨床試験や臨床研究の支援を受けたいと考えられている方だけでなく、データの登録業務にお困りの方もお気軽にお問い合わせください。

この他にも、論文作成や翻訳業務も行っております。研修医として勉強に励んでいらっしゃる方の外国語参考資料の翻訳、外国人顧客の獲得に向けた英語の資料作成などの翻訳など、様々な場面で支援させていただきます。

Copyright(c) ibec All Rights Reserved.